ガンの再発や転移 がん治療セカンドオピニオン

ガンの再発や転移「再発」「転移」というと異なった現象だと思われますが、再発と転移は本質的には同じでがんの病態です。どういう事かというと手術前に画像診断などでがん巣が原発とは違う部位に確認されれば転移、術後に確認された場合は再発と区別しているだけなのです。

がんは最初にできた原発巣と原発巣から転移したがん巣に分けられます。手術で原発のがんを完全に摘出されたならば原発からの転移はおこりません。再発がもし術後おこったとしたら、それはすでに手術の前に画像診断や腫瘍マーカーなどでもわからない微小な転移がすでにあったと考えられます。

よく5年生存率という言葉を聞きますが、微小転移のほとんどがこの間にわかるまでに増大すると考えられているからです。5年経過してがん細胞が確認できなければそのがんは治癒したと考えられます。手術が終わった時点でがんが治るか治らないか確定診断はできませんが、すでに決まっていると言っても過言ではありません。

遠隔転移での再発・局所再発

再発が最も出やすい臓器は肝臓と肺です。 この臓器は血管が密集してたくさん集まっているので、それだけ転移しやすいのです。 消化器系のがんは血管の関係から肝臓の転移が多く、肝臓に転移すると、こんどは肺に転移するという場合が一般的です。 肝臓や肺の臓器は血管が密集しているので、がん細胞が転移巣を形成しやすいのです。

遠隔転移での再発がんは、例えば、肺がんの手術後、脳や骨に転移が見つかる場合や乳がんの手術後の骨転移です。乳がんでは、肝臓へ転移することもあります。 遠隔転移した再発がんの場合、普通は根治的手術はやりません。やっても無駄なことが多いからです。 利益より患者さんの不利益が多くなります。完治するといえたらいいのですが本当に低い数字です。

一般に、肺転移や肝転移が認められた患者さんの多くは、検査で見つかった転移数よりも実祭にはたくさんの転移が残っていると考えられます。微小な転移なのでCT・MEIなどでわからないだけです。 転移が認められた場合は、すでに全身病なっていると考えます。免疫系では転移が認められなくても全身病ですが、その話は次回に譲ります。診断技実は飛躍的に向上して画像で精査して切除可能でも、切除しても、新しい転移が出てきます。

局所再発は、手術と深く関係しています。 もちろんできる限り術中での迅速病理検査はしているのですが、十分にがん巣を取りきれなかったために、術後、原発臓器やリンパ節に再発してしまうのです。

腹膜播種、胸膜播種などは局所再発として扱われていますが、治療の上では遠隔転移と同じとみなされます。播種が起きている場合は通常積極的な治療はしません。 遠隔転移と局所再発、圧倒的に遠隔転移が多いです。術前に検査をしても遠隔転移がわからなかったってことになります。

再発がんの治療は、きわめて困難になります

再発と確定診断がつくと、ほとんどの場合抗がん剤の治療になります。 患者さんも医療者側もそのことが、普通になっています。 患者さんも拒否することも無く自然に受け入れてしまうケースが多くあります。再発・転移が見つかった時点で、治癒は難しいということです。

基本的には完全に治すことはできないんですが、けれど、それを言わずに、「がんが再発しました。でも引き続き治療をしていきましょう」とだけ話しますが、それで患者さんは「治療すれば治るんだ」と期待してしまうわけです。がん治療の有用性と限界を知ってほしいです。

現在のところがんの再発を治癒することは不可能です。現状を打開するために様々な抗がん剤などの治験(実験的治療)がされています。 しかし、治る見込みのない再発をかかえた患者さんをターゲットとして施行される治験は、新しい治療法や薬剤の毒性や副作用に関するデータ取集を目的とすることが多く、必ずしも患者さんに恩恵があるとはいえません。

延命のための治療としては、抗がん剤治療が主になります。部位によってはホルモン剤治療も適応になります。 抗がん剤治療の場合、前回すでに抗がん剤治療がなされていると、2回目の有効率はかなり低いものになります。 特に再発までの期間が短い場合にその傾向があります。

副作用は前回と同じくらいの治療効果を目的とした場合、前回以上になります。 がん細胞の多様化が関係しているからです。抗がん剤でがん細胞を排除しても、必ず残るがん細胞があります。その細胞が抗がん剤の耐性を持って前回以上に悪性(未分化)度が増します。

抗がん剤による化学療法で、一時的に症状、腫瘍の縮小が認められた場合でも、長くは続きませんし一時的な症状の改善が延命につながるとは限りません。 薬剤の副作用だけが前面に出て、かえって縮めてしまうこともあります。全体としてみると、再発がんの場合抗がん剤による明らかな延命効果はまだ証明されていません。分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬でも同じです。ある時期、急激に増殖(プログレッション)する可能性もあります。

再発がんの手術が意味があるケースがあるとすれば、がん巣が限局していて多発転移がないと見込まれる場合だけです。

検査を受けない期間も必要

例外はありますが、術後、1年以内に出てきたものをいくら切除しても、またすぐ再発してくる可能性が高いので、この時点で切除してしまうと短期間で、何回も手術しなくてはならなくなります。

短期間で何度も手術を受けるのは無意味ですし、患者さんの不利益になります。検査を受けない期間が長くて、その間に起こる二次転移の可能性ですが、待っている期間に転移する確立はゼロではありませんが、きわめて低いと考えられます。

もし、原発巣以外に転移が出てきたとしたら、それは、手術を受ける前に一次転移が残っていた可能性が高いのです。

微小な転移は現在の医学では手術直後でも分かりません。しかし中には成長の遅いがん細胞があり、5年の間にゆっくり成長するがん細胞もあります。このようながんの場合がん細胞の成長がゆっくりしているので、直接命にかかわることはないと思います。

では仮に短期間に再発がんが発見された場合はどうすれば良いのでしょうか。再発がんは早く発見しても治療は大変むずかしく、現在の医療(標準治療)では完治させることは困難です。早期発見、早期治療という言葉がありますが、それはあくまでも原発がんに対しての意味です。

ですから手術後に再発の定期検査はほとんどの場合、意味がないと言っても過言ではありません。何らかの自覚症状がでてから検査をして再発がわかって治療した場合と、無症状なのに定期検査をおこない再発が確認され治療した場合を比べると実は延命効果はあまり差がないのです。

なかには再発が無いのにもかかわらず化学療法をおこなう場合もありますがほとんど患者さんにとっては利益はありません。また再発がおこった場合は副作用がでるほど化学療法をしますし、場合によっては放射線治療を主体に治療をおこないます。痛みのある場合は効果がありますがそれでも現状は悲惨です。

実際はほとんどの医師や医療機関は術後定期的に再発の検査を受けるよう指示し、患者さんも定期的に検査を受けます。無症状で定期検査で再発が分かって治療をはじめても治療成績は同じですから、その間に受ける精神的ストレスは大変です。このことを医師ははっきりと患者さんに伝えることが大切だと思っております。

検査、治療を受ける側も充分承知して自分で治療法を選択するようにしないと本当の意味での医療というものは実現しないと思います。

遺伝子レベルで解明が進む!

がんの再発や転移転移のメカニズムですが所属リンパ節に転移があっても、他の臓器にかならずしも転移するとは限りません。

悪性のがん細胞は基底膜をやぶり浸潤します。がん細胞が血管やリンパ管の中に入ります。血流にのって血流の豊富な臓器に血管壁の内側をおおっている血管内皮から外にでます。そこで増殖をします。

ここまでは転移のメカニズムがわかっていますが、がん細胞が基底膜にでるためには特殊な酵素を作り出さなければなりません。また他の臓器に転移する場合でも特殊な酵素を作り出さなければ転移は成り立ちません。

血流の中にがん細胞があってもかならずしも転移するとは限りません。しかし原発が仮に早期の状態で発見されても、がん細胞がすでに特殊な酵素を作り出し転移している場合があります。

再発が術後発見される場合2年以内が多いのですが、それは原発のがんが数ミリの時点で転移していた可能性があります。それとは逆にリンパ節を広範囲に郭清をする拡大手術をしておそらく転移すると思われた例でも再発、転移をしないで治癒した例も多々あります。

摘出した臓器やリンパ節を、病理医がスライスして顕微鏡下で詳細に調べて所属リンパ節にがん細胞が認められても遠隔転移しない場合があります。

所属リンパ節にがん細胞が認められた場合転移していたことになるのか、ならないのか意見が分かれるところです。

今でもがん細胞を病理で調べても転移するがんなのか、転移しないがんなのか本当のことはまだわかっていません。

がんは遺伝子の病気である以上、遺伝子レベルでの研究が進むと思われます。
がん細胞の遺伝子を解析し適切な分子標的薬を投与する治験が始まっています。
しかし、局所再発にしてもそうですが、遠隔転移するか、しないかの解明には今後、時間がかかると思っています。

治療経過を聞くときのために がん治療セカンドオピニオンサポートセンター

転大半の臨床医は、患者さんが再発すれば、死を前提に何ヶ月、何年という単位で、患者さんに接しています。 手術後の再発は、患者さんにとっても主治医とっても深刻な問題です。再発を可能な限り防止するために、いろいろな補助療法が考案されていますが、 未だに効果は十分ではありません。

がんという病気は、その経過が良好であれ、不良であれ長い時間の経過が伴うことが多く患者さんはその間、何度となく医者からの経過説明を聞くことになります。 経過が思わしくないときに説明を受ける場合、どんなに医者が優しく話をしてくれても患者さんは動転し、後になって考えると説明内容は覚えていない、質問したかったことは聞き忘れた、ということも多いのです。

そんなとき、「がん治療セカンドオピニオンサポートセンター」のがん治療アドバイザーが何回でも納得いくまで説明しますし、1人でも多くの患者さんが、がんと共存できる生活・人生になるように、長年にわたり医療現場で培ってきた経験を生かし、最善と思われる知見をお伝えし貢献できることを心より願っています。

また医者に治療法は「あなたが選んでください」といわれて選べる人なんてそういないです。なので、できるだけ納得するまで話をして「自分ならこうする」という言葉を付け加えるようにしています。 もちろん私の言葉は、サポート協力してくださっている多数の専門領域の医者の言葉でもあるのです。
※がん治療セカンドオピニオンサポートセンターは特定の治療法を進めることはありません。

不安を感じたときや、納得がいかないときいつでも話せる信頼できるパートナアーはほしいですね。

がん治療全体においても同じことが言えます。手術はがん治療の通過点です。再発をおこした患者さん、手術ができない患者さん、ステージが進んだ患者さんは、こころのケアがなによりの治療になります。

これからも数あるホームページの中でも本当に信頼できるサイトとして医療機関や医師からの協力も含めて、がん情報提供、理想的なセカンドオピニオン、サポートを目出していきます。