がんの先進医療 

プレシジョン・メディシン(精密医療)がん治療 セカンドオピニオン

遺伝子変異近年、分子標的薬が多数開発されてきました。それに伴い、検出された遺伝子変異に応じて分子標的薬を処方するがんゲノム(遺伝子と染色体から合成された言葉で、DNAのすべての遺伝情報)医療が進展しつつあります。細胞の遺伝子を解析し適切な分子標的薬を投与する治験が始まっています。

進行した肺がん、大腸がんを中心に、がん細胞がもつ遺伝子変異を分析し、効果が期待できる薬剤(分子標的薬)を投与します。

人間の遺伝子情報の全体を指す「ゲノム」その情報を使って、その上で「効果が期待できる」と確認できた薬剤だけを使用します。

それがプレシジョン・メディシンです。今、日本でもがん患者さんが治験に参加して、はAI(人口知能)を用いて研究が進んでいます。

研究は日々されていますが、細胞の突然変異原性物質とは、細胞内の遺伝子の突然変異をひき起こし正常細胞をがん化させる物質です。 約50前に、発がん物質に突然変異原性物質があることが発見されてから、発がんのメカニズムを分子レベルで解明できるかもしれないし、 発がん物質を容易に摘発することができるかもしれないと、科学者たちはそう考えたのですが、現実は罹患率・死亡率ともに毎年増加しており減少する気配がありません。

つまりがんを発症させる根本的な原因は何かとなると、発表される論文は、実に多いのですが「思われる」「感えられる」で結語がなっていますので100%わかっていません。

オーダーメイド治療

効果の期待できない抗がん剤の使用はしないので、よりオーダーメイド治療に近づいた治療といえます。
また必要以上の副作用もさけらます。

治療は、個人レベルの細胞を分析し、遺伝子変異別にそれに適した薬剤を選ぶのですから、今までの治療よりも、効果が期待できますが、予期しない副作用もあります。

また、がん細胞の遺伝子を解析するには保険適用にはなっていません。治療も薬剤(分子標的薬)も一部をのぞいて自己負担になっています。

がんが進行した場合は進行をどう抑えてQOLを低下させないようにするかです。当然といえば当然のことですが、現実的には薬剤の効果・副作用の作用です。 効果と副作用のレベルは個人差があるので、効果が副作用よりあきらかに大きいなら、投与した方がいいのですが、効果の比が重要になります。 また代わりの薬剤が存在するか、ないかによっても判断は変わってきます。

「ランダム化比較試験」での「エビデンス」だけではないのです。 検査結果を見て、標準治療のマニュアル通りに治療するならAI(人口知能)に任せたらいいと思います。 そこまでの医療が数十年先に実現できるかどうか、わかりません。 微妙なことなので、一律この判断を標準治療に組み込むことは無理があります。

エピジェネティックスを制御

遺伝子は4種類の「塩基」がつながったものです。 DNAはA(チミン)、T(アデニン)、C(グアニン)、T(シトシン)からなりたっています。

1個の細胞内の遺伝子はわかっているだけで、2万近くあり遺伝子セットの解析にはまだまだ時間がかかります。

細胞は、この塩基の並び方に基づいて遺伝情報を保っていますが、遺伝子のオンオフをコントロールする仕組みが存在しています。

この仕組みを「エピジェネティックス」と呼びます。

全てのがんが、対象にはなっていませんが、ようやく遺伝子を解析し適切な治療をおこなうことができる可能性が見えてきました。

異常増殖するタンパク質に合わせて分子標的薬を投与しますので、将来、臓器別の治療から遺伝子別の治療になるかもしれません。

プロジェクトの概要

全国約250医療機関と17社の製薬会社が参画し、アカデミアと臨床現場、産業界が一体となって、日本のがん患者さんの遺伝子異常に合った治療薬や診断薬の開発を目指す、世界最先端のプロジェクトです。

大規模な遺伝子異常のスクリーニングにより、希少頻度の遺伝子異常をもつがん患者さんを見つけ出し、遺伝子解析の結果に基づいた有効な治療薬を届けること

SCRUM-Japan(スクラム・ジャパン)プロジェクトの詳細>>>

分子標的薬、免疫治療薬「効果のある人」は

治療効果がある人は、全体の10%くらいです。完治の%ではありません。

治療効果の見込まれる患者さんを投与前に見分けることができたなら、患者さんはもちろん医療者側も無駄な治療をしなくてすみます。

厚生労働省は、免疫チェックポイント阻害薬を引き下げるものの、高額医療だけに医療費全体に関係してきます。 問題はどんなタイプのがんに奏功率が高いか、全く指標がないことが問題です。がん細胞の多様性の研究はこれからです。

がん治療で指標探しデータ蓄積

がん細胞は、本来体に備わっている免疫細胞(T細胞)からの作用を逃れるために、PD-L1というタンパク質を出し、 これが免疫細胞のPD-1に結合すると、免疫細胞の働きが抑制されがん細胞は増殖します。がん細胞が出す免疫抑制物質を阻害して免疫力を高める薬剤です。


オプジーボ同様、非小細胞がんなどに対しても申請中です。二つの薬剤は、がんに効く仕組みは同じで、がん細胞に直接作用するのではなく、免疫細胞からの阻害を避けている、がん細胞の阻害作用を無力化して、自己の免疫細胞で、がん細胞を排除する目的で投与します。

実祭には、がん細胞は「PDL1」という物質を出して、免疫細胞の「PD1」の タンパク質に結合して免疫細胞からの阻害を避けています。

「オプジーボ」「キイトルーダ」は「PDL1」との結合を阻害します。体内で正常な免疫機構を作ります。MSD社は、がん細胞の目印である「PDL1」の発現量に着目し、治療効果との関係を調べました。

これまでの治験で「PDL1」の発現が多い患者さんほど効果があることが分かり、欧州の学会で発表されてきました。

確かに期待できる気にはなりますが、医療の最前線ではそんなにまだ期待値は、高くありません。最初は期待値は高かったのですが、保険適応の部位でも免疫チェックポイント阻害薬ありきではありません。保険適応の症例は増えてきましたが、、ほとんどの場合化学治療を受けてからの結果次第で第一選択になっていません。

免疫チェックポイント阻害薬は大手5社が開発競争を繰り広げています。

抗CTLA-4抗体
ブリストル・マイヤーズの「ヤーボイ」(イピリムマブ)
抗PD-1抗体 小野薬品工業/米ブリストル・マイヤーズスクイブ「オプジーボ」(ニボルマブ) 米メルク(MSD)「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)
抗PD-L1抗体
独メルク/米ファイザー「バベンチオ」(アベルマブ) スイス・ロシュ/中外製薬「テセントリク」(アテゾリズマブ) 英アストラゼネカ「イミフィンジ」(デュルバルマブ)

プレシジョン・メディシンまとめ

各個人に応じたオーダーメイド治療ですが、プレシジョン・メディシン(精密医療)は、まだ治験段階で、保険適用ではなく、患者さんは自費負担の金額がかかるなど課題も、あります。

また全ての臓器でのがんは対象にはなっていません。手術ができる方は対象にはなっていませんので、標準的な手術を受ける現状は変わっていません。

現状は手術後のがん細胞の遺伝子を解析しても将来再発するかしないかは100%わかりません。臨床試験で奏効率(PR)が20%で抗がん剤が医薬品として認可されますが、プレシジョン・メディシンでの奏効率の目標値がわかりません。

分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬いつまで続けるのかは、はっきりわかってはいません。

遺伝子検査を受けても、自分に適した薬剤が見つからない患者さんもいます。

現在は薬剤の開発をはじめて早期に臨床試験に入ることも多く、その時、薬剤が見つからなくても、1年~2年たって、新薬が開発できることも考えられますが、そんなに早く開発、臨床試験がはじまると思っていません。

プレシジョン医療は、個々の患者さんに対して、この効果・副作用の比率です。効果がいつまで続くのかを検証する必要もあります。 それを臨床の現場で予測を即座に判断するシステムの構築です。 一例として可能な薬剤(科学療法)を一度に投与することは、副作用を考慮すると非常に難しいのですが、研究の段階ですが投与している場合もあります。 がん幹細胞を消滅させたいからです。がん幹細胞を効果的に叩くことのできる薬剤はまだありません。

白血病(血液のがん)、リンパ腫では近年治癒率が飛躍的に向上しました。しかし、固形がんの場合では何十年前とほとんど変わりません。 多くの科学療法(抗がん剤・分子標的薬)あるいは免疫 チェクポイント阻害剤(一部の人のがんには効果的)が大半の症例では、一時的には効果があっても必ずがん細胞は耐性もち、薬剤の有用性は落ち、副作用が出ます。がん細胞はしたたかであり、これに対応しない限り、悪性度(未分化)の高いがんからの治癒はありません。

今後のプレシジョン医療に期待したいと思いますが、P53を用いた遺伝子治療、患者さんのリンパ球を培養して体に戻す治療、NK療法、樹状細胞ワクチンなどは、どうなっているのでしょう。光免疫療法2019年2月現在、海外を中心に第3相試験の実施を計画しているとのことです。

新しいセカンドオピニオンのシステムを構築したいと思っております

新しいセカンドオピニオンのシステムを構築したいと思っております 転大半の臨床医は、患者さんが再発すれば、死を前提に何ヶ月、何年という単位で、患者さんに接しています。 手術後の再発は、患者さんにとっても主治医とっても深刻な問題です。再発を可能な限り防止するために、いろいろな補助療法が考案されていますが、 未だに効果は十分ではありません。

厚生労働省は「2016年にがんと診断(罹患)された人は99万5千人で過去最多更新した」と2019年1月に発表しました。 内訳は男性56万7千人、女性42万8千人です。 2015年にがんで死亡した人は37万346人 。 男性21万9,508人。女性15万838人。進行したがんの場合その治療成績は30年前とほとんど変わりません。

がんという病気は、その経過が良好であれ、不良であれ長い時間の経過が伴うことが多く患者さんはその間、何度となく医者からの経過説明を聞くことになります。 経過が思わしくないときに説明を受ける場合、どんなに医者が優しく話をしてくれても患者さんは動転し、後になって考えると説明内容は覚えていない、質問したかったことは聞き忘れた、ということも多いのです。

そんなとき「がん治療セカンドオピニオンサポートセンター」のがん治療アドバイザーが何回でも納得いくまでサポートしますし、1人でも多くの患者さんが、がんと共存できる生活・人生になるように、長年にわたり医療現場で培ってきた経験を生かし、最善と思われるオピニオン(知見)をお伝えし貢献できることを心より願っています。

また医者に治療法は「あなたが選んでください」といわれて選べる人なんてそういないです。なので、できるだけ納得するまでお話をして「自分ならこうする」という言葉を付け加えるようにしています。 もちろん私達の言葉は、サポート協力してくださっている多数の専門領域の医者の言葉でもあるのです。

不安を感じたときや、納得がいかないときいつでも話せる信頼できるパートナアーはほしいですね。 がん治療全体においても同じことが言えます。手術はがん治療の通過点です。再発をおこした患者さん、手術ができない患者さん、ステージが進んだ患者さんは、こころのケアがなによりの治療になります。

これからも数あるホームページの中でも本当に信頼できるサイトとして医療機関や医師からの協力も含めて、がん情報提供、理想的な「セカンドオピニオン」を目出していきます。電話やメールでのご相談・オピニオンは、可能な限りいつでも対応させていただきます。詳しいお話をお伺いさせていただき信頼関係を築きたいと思っております。

ご注意
24時間お問い合わせ無料などとホームページにCMまで出して「セカンドオピニオン、相談、最新、先端の治療」と称して特定の提携医療施設、治療法を進めるサイトもありますからご注意してください。

※「がん治療セカンドオピニオンサポートセンター」は特定の治療法、療法、特定の医療機関を 紹介することはありません。またメールだけの一方通行ではありません。すべて患者さんとご家族のご判断を尊重します。


次のページは : 重粒子線治療です