これからのがん治療 がん治療セカンドオピニオン
がんと診断をうけた時、貴方ならどうしますか

がん治療セカンドオピニオン サポートセンターがんの診断をうけた時、治る可能性は高いのか低いのか、もっとも気になる所です。それにはがんの診断内容がおおきくかかわってきます。

がんの診断は存在診断、部位診断、質的診断、進展度診断などに分けられます。それらの診断を総合的に判断してどのようながんであるかを見極め治療方針を医師と共に決めます。

現在では、治療前に医師が説明を行いインフォームド・コンセント(患者さんが説明を理解し、同意すること)が重視されるようになりました。

主治医と情報を共有して納得するまで話をして治療方針を決めることが一番良いとは思いますが、主治医から「手術をすすめられた」「再発してしまい抗がん剤治療をすすめられた」など重大な決断をしなければならなくなったとき、心から信頼できる主治医がいれば別でしょうが、今の医療システムでは時間をかけて一人の患者さんに納得いくまで話をすることはやりたくても出来ないのが現状です。

そこで自分のことを親身に考えてくれる他の信頼できる専門医にも、直接相談したいと思うのは当然のことでしょう。

できれば時間をかけて納得いくまで話を聞いて、自分に合った最適な治療を受けたいと思うのは心情でしょう。しかし、一般的に今の医療システムでは患者さん側からみてなかなか自分の聞きたいことなどに医療者側が多くの時間をとれないことが現実です。

現在の先端医療の恩恵を受け治癒された方は多数います。ほとんどの場合、手術適応と診断がつけば手術をし、化学療法あるいは放射線治療の道筋が決まっています。しかしQOL(生活の質)の問題もありますが、手術で治癒するならば問題はないと思いますが、その後再発して治療法がなくなってしまった場合はどうしたらよいのでしょうか。

1人でも多くの患者さんが、最善の医療を納得し安心して受けられることが必要です

がん治療の現場は大きな変貌を遂げていますが、がん治療の専門医でもQOLを考慮して進行したがんの正しい治療法の選択をすることは非常に難しいことです。がん医療については、もはや医師にすべてお任せでは立ち行かなくなっている現状があります。

ほとんどのがんの部位別に「癌取扱い規約」標準治療(診療ガイドライン)あります。標準治療で治癒できれば良いのですが、「最新の検査機器」「新しい化学療法」「重粒子線治療」などありますが、日本ではがんの罹患率、がんで亡くなる方が増えている現状があります。

進行したがんの場合その治療成績は30年前とほとんど変わりません。
がんの進行に伴い「がん悪液質」を誘発しますが、がん悪液質の原因はようやく見えてきたにすぎません。

患者さんが、情報を選択して主治医を選び最善の医療を納得し安心して受けられることが必要です。専門性の細分化や新しい化学療法などを取り扱う医師やスタッフなど、医療の世界はブラックボックス化して、専門医以外を寄せ付けないようにも思えます。

1人でも多くの患者さんが、がんと共存できる生活・人生になるように、がん治療アドバイザーが長年にわたり医療現場で培ってきた経験を生かし、最善と思われる知見をお伝えし貢献できることを心より願っています。

標準治療を続けた場合

進行がんの場合でも、あたかも標準治療がすべてであるかのように、その治療だけを用いることです。
標準治療を否定するわけではありませんが、手術でがん巣を摘出すれば、かなりの治癒率が期待できるものの進行した段階で発見され、転移が見られるような場合には手術による治療は限界があります。

手術で治癒が望めない段階になっているとき、転移したときや再発したとき、抗がん剤治療や放射線治療が行われるのですが、一時的にがん巣を縮小することができても、多くの場合、決定的な治療法とはなりません。

問題は副作用です。腎機能の低下、白血球の減少など、さまざまな副作用をともないます。また当初、抗がん剤でがん巣を小さくできても、やがてがん細胞のほうに耐性ができ、効かなくなります。再び大きくなり始めると、それまでの抗がん剤では抑えることができなくなりますから、違う抗がん剤を使用することになります。がん細胞の多様性があるからです。

そうやって何度も繰り返し投与しているうち、ついには、あらゆる抗がん剤が有効性を示せなくなります。身体の免疫抵抗が壊滅状態になってきます。やがてほとんど治療効果がなくなったとき、患者さんが希望をもってなんとか治療を受けたいと願っても、「これ以上、治療する手段がありません」といわれ退院を迫られます。

大学病院など大きな医療機関は急性期病院ですから、一定の期間を超えて入院させておくことができません。
そのため打つ手のなくなった患者さんをいつまでも受け入れてないのです。

慢性期病院といわれる医療機関に転院することになりますが、今や多くの高齢者が入院しており空きベット不足しています。どこにも頼ることができなくなります。
厚生労働省が認可している標準治療に従えばそうなる可能性が避けられません。

がん治療は自分で納得して決めることも大切です

がんになった時、大切なことは全て病院任せ、医者任せにしないこと。自分で納得して決めることが大切です。

インフォームドコンセント「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」で納得のいく治療を選択しましょう。

がん細胞の遺伝子構造は一人一人異なり、一つとして同じがんはありません。

だから治療法も人それぞれ違う。「これが絶対」という治療法はないのです。

がんの転移には、がん幹細胞が関係していますが治療ではあまり考慮されません。

主治医とは納得できるまで話し合い信頼関係を築きましょう。主治医の個人的な意見に留まらず、考えられる治療法についての説明を受けましょう。 そして、がんについての知識を集め納得する治療の選択をしましょう。

受けられる治療法の効果と限界、危険性や副作用を知りましょう。

できれば生涯付き合えるような信頼できる医師を選ぶことです。

通常のがん治療の有用性と限界を知りましょう

ゲノム(遺伝子を含む染色体)解析により、同じ人にできるがんでも進行する過程あるいは、転移の部位が変わるうちに原発とは別の遺伝子が発現し、薬物治療を翻弄するジレンマも出てきました。「遺伝子変異」は今や「多様性」と考えるべきです。

同じ臓器のがんであっても異なる複数の細胞によって構成されています。
これを「がん細胞の不均一性」といいます。

「がん細胞の不均一性」を考慮しなくては、今の画一的な標準治療では十分な効果は期待できないと思います。生体にダメージを与えないで治療効果を出す本当の意味で個別化された、がん治療が求められています。

ステージが進んで「これ以上治療法がありません」と言われてもあきらめることはありません。

がんの治療方法はひとつではありません。必ず複数の選択肢があります。

現行の保険制度は平等ですが、公平ではないと感じています

日本の国民皆保険制度は一定の水準の医療が受けられる仕組みになっており、国民皆保険制度のメリットは素晴らしいと思っています。しかし、矛盾もあります。

現行の保険制度では、医師が患者さんと数分話しても、何時間話しても診療報酬は同じです。
患者さんが、検査結果、治療について納得するまでの話はしたくても出来ません。
がんの治療の核心でもあるメンタルケアに時間をとれません。

「標準治療」は保険適用ですが「もっと最新の治療を!」と望まれてもいまの保険制度ではしたくてもできません。

免疫チェックポイント阻害剤など全てのがんに保険適用になっていませんし、先進医療も保険適用にはなっていません。

治療は誰しも最高のものを求めているのですが、現行では保険適用されている治療しか選択の余地がありません。

今、おこなわれている遺伝子治療、陽子線治療、重粒子線治療をはじめ先進医療も保険適用外です。また先進医療を希望しても矛盾する話ですが、すべての方が受けられるわけではありません。

先進医療の治療は厚生労働大臣が定める医療施設で行われる場合に限ります。
先進医療にかかる費用は全額自己負担となってしまいます。

主治医との関係もありますが、もちろんすべての治療に保険が適用となればいいのですが、
がん遺伝子治療、免疫治療は自由診療です。

最適ながん治療の情報をご提案いたします

がん治療あらたな治療法がなくなった患者さんや患者さんの家族が、がん治療の情報をインターネットで調べることが容易に出来るようになって来ましたが「がん」に関連するキーワードで検索しても膨大な検索結果が出てしまい、自分に適している治療法かどうかの判断は迷ってしまいます。

今の医療は今迄の基礎や臨床を積み上げてきたOBM(オピニオン・ベースド・メディスン)です。治癒率などはパーセンテージで掲載されていても実際その数字が自分にあてはまるのかどうかわかりません。

特に末期と診断され有効的な治療法がなくなってしまった場合は深刻です。限られた時間で回り道をしないでどれだけその情報をもとに最適な治療法を決めるにはいろいろな不安があると思います。

適切な治療を選択するために、セカンドオピニオンを受けられる病院、クリニックを探す方もいらっしゃると思いますが、患者さんにとって必要なことは、自分にどの治療が適しているか親身になって考えてくれる、たった1人の医師です。

医療が高度なものになった分だけ患者さん側もがん治療の知識が必要です。医療者側のやりすぎを黙認してしまうことにもつながりかねません。

術前の手術手技の説明が少なく感じます。 手術法だけでも選択する余地はあります。

がん治療セカンドオピニオンサポートセンターでは、がん治療アドバイザーが、その方にあった最適ながん治療の情報をご提案いたします。

これからのがん治療 セカンドオピニオンサポートセンターは新しいセカンドオピニオンのシステムです。(メール・電話・直接会ってのサポートに対応しています)

がんセカンドオピニオンシステム


セカンドオピニオンサポートセンターは患者さん1人1人に寄り添ったサポートをおこなっています。
長年に渡りがん治療の最前線で各領域の医学学会での手術症例の制作に携わってきました。

その過程で多くの各領域の医師と出会い、個人的にも医師の本音での話も聞き、多くの医学学会に参加してがんについての知見を多く得る事ができました。

専門領域の医師も標準治療が最優先で、保険適用外の薬剤、統合医療に否定的な見方をしている医師もいますので、患者さんに最適な治療法を両方の医師から集める努力をします。

「統合医療」は西洋医学と補完、代替療法を組み合わせて行う療法です。

「がん免疫治療」も樹状細胞ワクチン療法やペプチドワクチン療法など多数あり、どのような免疫治療を選択すれば、良いのかわかりません。

現在も多くの医療機関の医師と交流があり最新の情報を入手することができます。

メール・電話での相談。また直接会っての相談や総合病院、自由診療(免疫治療)のクリニックに一緒に同行して、医師から直接話を聞いて患者さんやご家族側の立場になって納得する、「がん治療の正確な情報」「最善の治療法」をサポートしています。

詳しくはこちらから

がんの治療は諦めてしまったら前には進めません

正しい情報収集をし、いかに早く最善の治療法をみつけることが大切です。ある種のがんに対しては手術、化学療法が奏功して、治るがんも増えてきました。

しかし、それは全てのがんが全て治るようになった、という意味ではありません。がんの大部分は、進行した場合完璧な治療法がないというのが現状です。がんに直面したらどんな方法で医療関係者と対処したらいいのかなどの知識が必要です。

がん治療セカンドオピニオン サポートセンターでは、各治療のメリット(利益)とデメリット(不利益)もお伝えします。また「がん免疫治療」についてもお問い合わせください。

がん治療をこれから始めようとしているとき、再発したとき、末期状態に至った場合の心構えを決めておこうというときに、がん治療セカンドオピニオンのスタッフが、なんらかのお力になれるかもしれません。

がんの治療は、医者と患者さんとご家族の方の密接な連携が何より大切です。インフォームド・コンセントの普及の一助となれば大変意義深いことと考えます。

がん治療サポート内容

最善のがん治療を受けるために

  • がんセカンドオピニオン

    がん治療アドバイザーに相談できるシステムがあります。最善の治療法の情報を長年、各領域の学会に携わってきたがん治療アドバイザーが各専門領域の医療機関、医師と連携してより良い医療を受けることができるようサポートを提供して参ります。

    サポート内容 >

  • がん治療の現状

    がん治療の柱は、手術・化学療法・放射線療法です。医療機関では患者さんの病気について最善な治療法を決めますが、その治療法で治癒できなかった場合はどうすればよいのでしょうか。がんの死亡数が日本で増え続けているのはなぜでしょう。

    がん治療の現状 >

  • がん免疫治療について

    がんは遺伝子の病気である以上、遺伝子レベルでの研究が進むと思われます。しかし抗がん剤や免疫療法などを併用することによって相乗効果があるという科学的根拠はまだでていません。また保険適用になる治療法はまだおこなわれていません。

    免疫治療 >