がん治療サポート内容 最善のがん治療を受けるために

がんセカンドオピニオン医療の現場では、患者さんと医師は対等であることが理想です。医師は患者さんとともに、最善の治療法を模索していくのが、がんの医療のあるべき姿です。

今のがん治療は外科医、内科医、あるいは放射線科を含めた「集学的治療」「チーム医療」が基本です。患者さんの病気について最善な治療法を決めますが、その治療法で治癒できなかった場合はどうすればよいのでしょうか。

最新の治療から基礎医学の分野、病理、遺伝子治療も含め、がん免疫治療まで実際のがん治療の医療現場で活躍している外科医、内科医や各領域の専門医、そして免疫治療に携わっている医療機関、医師の協力のもと先端医療(新しい治療法が全て良いとは限りませんが)の情報を提供したいと思っております。

ところが今の情報化の時代、多くの情報があふれています。自分にとってどういった治療法をうけるのが最善の方法なのかわかりません。それだけ多くの治療法がとくに末期になってしまった場合、自由診療を含めて多数あります。数多くあるということは逆に言えば決定的な治療法が確立されていないと言うことにもなります。

現代医学は、がんのステージにもよりますが、がんを完全に治す治療法をまだ見いだせていません。手術は身体に侵襲を与えます。術後、放射線治療、抗がん剤治療をおこなっても再発してしまうがんもあり、そのことが、がん治療を困難にしています。

セカンドオピニオン外来と現状

セカンドオピニオン(第2の意見)とは、患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に(第2の意見)を求めることです。

病院で受けるセカンドオピニオンは西洋医学の学会でのがん診療ガイドライン(がん取り扱い規約)にそって話をすることが一般的です。 医師もセカンド・オピニオンは患者さんの権利として自覚しています。

患者さんは現在自分がおかれている病状をよく確認した上で、治療の目的を理解し、納得することがもっとも大切です。

しかしセカンドオピニオンで話を聞いても医師は自分の専門分野の話になりがちです。 外科医であれば手術を勧めるかも知れませんし、内科医でしたら化学療法を勧めるかも知れません。放射線科医も同じだと思います。

病院でのセカンドオピニオンで話を聞いても、治療法は使用する抗がん剤の種類の組み合わせ、あるいは新しい抗がん剤を使うのか、放射線治療を併用するのか、どのような手術を受けるかなどです。いずれにしても標準治療の範囲内での意見しか聞けないことです。

大学病院や総合病院などで予後が厳しいと言われ、さらに権威のある大病院にセカンドオピニオンを求めます。そこで標準治療を進められ代替療法(自由診療の免疫療法など)に否定的な意見を聞いてしまうと、思考停止状態に陥ってそれ以上調べる気力を失ってしまうような気がします。

また統合医療の医師であれば、自由診療の免疫治療などを勧めるかも知れません。統合医療の医師は何らかの特定の代替療法をメインにしていることが多く、そちらの治療に誘導されてしまうのではないかという懸念を払拭することが出来ません。

「抗がん剤より、免疫治療より、放置に限る」という話まで登場してきて、がん治療を受ける方々は、ますます混迷してしまいます。

※結果どの治療法を選択したら良いのか正確にわかりません。

問題と言うのではなく、治療をしてしまった後では遅い場合もあるかも知れません。病院でセカンドオピニオンを受けるにしてもどの領域の医師がいいのか情報はわかりません。

医師は患者さんの意思決定に必要な医療情報をできうる限り説明して、患者さんの立場、価値観も考慮して、専門医として自分の意見も患者さんに伝え、その上で患者さんの合理的な選択を支援することが大切だと考えます。

しかし30分、60分の限られた時間で納得する事ができれば良いのですが。

すべてではありませんが、専門病院では医師の役割は患者さんにとって最良と判断した治療法について意見を述べて患者さんに説得しょうとします。医師は、患者さんに選択に関する医療情報を十分に与えることなく医師の考え方が優先され、患者さんの選択はあまり考慮されることが少ないように思います。

またセカンドオピニオンを担当した医者が、その意見を病院で症例検討会(カンファランス)で複数の専門家(内科、外科医など)の意見をまとめてレポートにしてくれればベストですが、今の医療では無理です。有料にもかかわらず相変わらず医者の個人の意見が優先されています。

どんな治療法にしても、その治療をした場合としなかった場合をまとめてくれれば分かりやすいと思います。

また、治療を受けている病院の医師とセカンドオピニオンを受けた医師と治療方針が違った場合はどうすればよいのでしょうか。サードオピニオンを受けることにもなりかねません。そのためにも正確ながん治療の基本的概念の知識は必要です。

いろいろな治療法の話を医師から聞いても、迷いが生じて、かえって決断が鈍ることにもなりかねません。

納得する治療法を選択する

適している病院、治療方を選ぶことはなかなかむずかしいことです。手術件数や医療施設設備だけで決められる問題ではなく、病院としての総合力が大切です。

信頼できる医者かどうかを知るために、治療成績について聞いてみるのも一つの方法だと思います。最終的にはその医者の人柄や治療実績を信じるしかないでしょう。

チーム医療に取り組む病院が増えてきましたが、チーム医療の場合病状によって治療内容が変わってしまったときなど、主治医が変わってしまうこともあります。

また診断から手術、抗がん剤治療まで一貫して治療する体制をとっている病院もありますが、この場合外科医が決して得意とはいえない、抗がん剤治療をすることに少し不安感もあります。

主治医が最初から最後まで責任をもって治療にあたるよさもあります。

このように診療体制についても、病院によって特色があるのでどのような治療、治療体制を受けたいかも考えて総合的に病院を選ぶのが理想ですが、それを知るためにはあまりにも病院の内部のことは外からみたらわかりづらいのが現状です。

たとえばがんのステージにかかわらず術前に抗がん剤、分子標的薬を何クールか行って手術に望むのか、術後に行うのかそれすらわかりません。

どちらが術後の予後がよいのか、まだはっきり結論が出ていませんが。それでも重複するかも知れませんが、QOLのこともありますが、がんが治癒できたら問題はないと考えます。

もちろん入院や通院中に医師や看護師との人間関係も大切な一つです。自分が納得する治療法、治療体制を一緒に考えたいとも思っております。

腫瘍縮小効果と延命が相関しない現実を前に何を目的に治療し、どのように向き合っていくかが今後一番大切だと考えています。

がん治療アドバイザーにがん治療相談ができるシステムがあります

がん治療相談大切な時間を無駄にしないようにその方の話を納得するまでお聞きして専門領域の医師の知見を集めます。

その方に合った最善の治療法の情報を長年、各領域の学会、専門医と携わってきたがん治療アドバイザーが各専門領域の医療機関、医師と連携して治療ガイドラインを基にお伝えしたいと思います。

たとえば今の標準治療はどうか、化学療法を続けた方がよいのか、担当医から診断、治療の説明を受けたが納得するには至っていない或いは最適ながんセカンドオピニオンを受けたいがどうしたら良いのか、また今の治療以外に免疫療法、あるいは違う治療法を受けた方が良いのかなど出来る限り幅広くお答えします。

専門領域の医師も標準治療が最優先で、保険適用外の薬剤、自由診療に否定的な見方をしている医師もいますので、患者さんに最適な治療法を両方の医師から集める努力をします。

しかし患者さんやご家族の方が望む場合は別にして、特定の治療法、療法、特定の医療機関を紹介することはありません。

すべて患者さんとご家族の判断を尊重します。治療を受ける患者さん自身が納得することが最も大切だと考えています。

がん治療相談サポート内容

一番大切なことはセカンドオピニオンを受けて何を聞きたいかをはっきりさせることです。

何を聞きたいかが明確になれば、どの病院に行きどんな治療を受ければ良いのかもおのずと見えてきます。

がんという病気と前向きに向き合うためには、病院や医師の選び方やがんに関する情報を「収集整理」することも大切です。

治療の「情報整理」が正確にできると、冷静に診断の内容も理解できます。 そして自分の現状を正しく把握し、将来の展望を描くこともできます。わかっているかいないかで、その後の病気のかかわりかたが違ってきます。このことは、患者さん本人だけではなくご家族の方々にも必要です。

がん治療セカンドオピニオンサポートセンターでは、がん治療アドバイザーが、その方にあった最適ながん治療の情報を集めて、ご提案しています。

例えば
・手術前の抗がん剤は受けるべきなのか。
・手術後の抗がん剤(術後補助化学療法)は受けた方が利益があるのか。
・手術後再発してしまったが、どうしたらいいのか。
・抗がん剤治療を含めて現在受けている標準的治療が自分に適しているのか。
・主治医やセカンドオピニオンを聴く時に同席して、患者さんがよく理解していないと思われることや、
 今後の治療法について納得いくまで話します。
・他の治療法(免疫治療・臨床試験)の適応はどうなのか。など多数あります。

そうすることで選択肢が広がり納得できる治療の実現へとつながります。

がん治療相談 アドバイザーは専門知識が豊富です

アドバイザーは専門知識が豊富です。弊社のがん治療相談アドバイザーは専門知識が豊富です。弊社は長年に渡り日本中の大学病院・がん専門病院の医師が医学学会で発表する医学映像・手術映像・文献を制作してきました。

最初は癌研究会附属病院(現がん研有明病院)で当時の院長をはじめ中川健先生(元がん研有明病院院長、現名誉院長)ご指導のもと病理、手術の勉強から始めました。現在まで実際に大学病院、がん専門病院、各医療機関での手術撮影は2,000症例を超えて今でも手術室に入室しています。

「手術映像制作」で検索してみてください。その過程で多くの各領域の医師と出会い、個人的にも医師の本音での話も聞き、多くの医学学会に参加してがんについての知見を得る事ができました。 今でも多くの医療機関の医師と交流があり最新の情報を入手することができます。

また免疫治療や遺伝子治療をおこなっている医師とも交流があります。 担当医が、がん治療の説明(病院ではムンテラと言います)を受けるときに、患者さんとご家族の方が希望する場合はご一緒に同行して 病院で担当医と話をすることもやぶさかではありません。

最初は嫌われますが何回か同じ医師と顔を合わせて話をすると確かにその通りだと言う事も珍しくありません。 製薬会社とも交流がありますので、新しい抗がん剤、分子標的薬の話も本音で聞く事ができます。その上で最適な治療法をご提案できると自負しております。

セカンドオピニオン外来がある病院は今では珍しくありませんが、日本で最初にセカンドオピニオンを専門とした医師とも交流がありました。 最適な治療法を決める上で組織にとらわれない立場で「がん治療」のご相談を受けたいと思っております。

新しいセカンドオピニオンのシステムを構築したいと思っております

がんに直面したらどんな方法で医療関係者と対処したらいいのかなどの知識が必要です。メール・電話での相談。また直接会っての相談や病院、統合医療のクリニックに一緒に同行して、医師から直接話を聞いて患者さんやご家族側の立場になって納得する、「がん治療の正確な情報」「最善の治療法」をサポートします。

がんの治療は諦めてしまったら前には進めません。正しい情報収集をし、いかに早く最善の治療法をみつけることが大切です。

またこの新しいシステムを多くの方に知ってもらうために、がん治療のメールでのご相談、お問い合わせは無料です。

できることならこの情報化の時代、病院の組織を超えてその人だけの最強医師団を作りたいとも思っております。

会社名 株式会社グラフィティ セカンドオピニオンサポート部
代表者 河村浩二
設立 昭和63年4月
住所 〒400-0025 山梨県甲府市朝日2-13-11
事業内容 がん治療のご相談、アドバイス がん治療の情報提供
お問い合わせ メールでのご質問ご相談は初回無料です。
mail メールはこちらから
電話でのご相談 初回30分は無料です。朝10時〜午後6時
お問い合わせ 055-253-5337(代)