がん幹細胞維持の仕組み解明

がん幹細胞維持の仕組み解明通常の細胞と同様に、がん細胞にも元となる「がん幹細胞」があります。東京大医科学研究所などの研究チームは、このがん幹細胞が体内で増殖能力を維持する仕組みを解明しました。

米科学アカデミー紀要電子版に発表しました。抗がん剤などでがん細胞を死滅させても、残った幹細胞が増殖してがんを再発させる例も多く、研究成果はがんの根治療法開発につながると期待されます。

東大医科研の後藤典子准教授と日野原邦彦特任助教らの研究チームは、患者から摘出した乳がんの幹細胞を培養し、どのような分子が増殖能力を左右するかを調べました。その結果、細胞膜にある受容体に結合するたんぱく質「HRG」が増殖能力に大きな役割を果たすことが分かりました。

酵素の活性化

HRGが結合した後の細胞内の反応を調べると、酵素の活性化を通じて最終的に炎症や細胞増殖に関与するたんぱく質を働かせ、これが幹細胞に増殖能力を維持させていることがわかりました。

がんの幹細胞だけに反応するマーカーを特定したと京都大学大学院消化器内科学の千葉勉教授らの研究グループが発表しました。

マーカーが発現した細胞を除去しても正常組織への副作用はなく、新たな治療法が期待できる可能性があります。がん幹細胞は正常の幹細胞と非常によく似ているため、従来の化学療法などでは正常な幹細胞まで損傷してしまう可能性があり、したがって今後、がん幹細胞の特徴を把握し、これにターゲットを絞った新薬の開発を行う必要があります。

体内にがん幹細胞が残ると再発や転移が起きる可能性があるため、がん細胞を増殖させないためにはこの幹細胞を見つけ、排除する必要があります。がん幹細胞を見分ける目印の発見は初めてとしており、目印を標的にがん幹細胞だけを抑制することで、副作用のない抗がん剤の開発が期待できる可能性があります。

がん幹細胞とは

からだのあらゆる臓器・組織をつくりだす元になる細胞のことです。がん細胞も同じです。

身体はいろいろな細胞増殖因子を分泌して、正常細胞を活発に分裂させています。正常細胞とがん細胞には共通性があるため、それら増殖因子は、がん細胞の細胞分裂も加速させてしまうのです。

転移する性質のがんは、発見される前に転移しており、転移しない性質のがんは大きくなっても、転移しないのです。
がんの転移には、がん幹細胞が関係しているからです。

再発した場合は原発巣からの幹細胞の性質をうけついでいます。しかし今の医学では転移するがんなのか、しないがんなのか発見した時点ではわかりません。遺伝子検査をしたとしても完全にはわかりません。

術前の検査でわからなくても、遠隔転移がひそんでいる場合があります。その場合、手術をすると、がんの転移巣が、 正常細胞より早く増殖してしまいます。

人の細胞では初めて、がん幹細胞分裂の観察に成功

がん組織のなかでも再発や転移の能力が高いとされる「がん幹細胞」が、一つの細胞からがん組織をどんどん増やしていく様子の観察に成功したと、慶應大などのチームが、英科学誌ネイチャーに発表しました。人の細胞では初めてです。

「がん幹細胞」はがん細胞を複製し続け、新たながん細胞も生み出すと考えられてきましたが、人のがん組織では詳しく観察できていませんでした。手術で取り出したがん組織は体外で培養が難しいからです。

チームは、患者から摘出した大腸がんの組織を独自の技術で培養し、ゲノム編集技術で「がん幹細胞」に手を加え、 分裂した細胞が特定の条件で光るようにしました。すると、一つの細胞が分裂して増え、約1カ月後には分裂した細胞が、がん組織の大部分を占めたことが確認されました。また、分裂した細胞が「がん幹細胞」の性質を受けていることもわかりました。